2018年6月25日 古紙価格 »  1284号

【内外の古紙市況】
MIX含め輸出市況回復
国内はプレミア追随せず

雑誌古紙・段ボール古紙の国内消費量の推移

 輸出価格が回復しており、国内メーカーの調達姿勢への影響が注目される。  段ボール古紙の輸出価格は問屋店頭でキロ20円台に乗せている。港から近い問屋では21円台を付ける。国内メーカーの基準価格が18円なので、内外格差は2~3円まで開く。ただし、ドレージ業者の手配が難しく、価格的に優位でも充分に輸出できない状況が続く。国内メーカーは割安な雑誌に代替使用を進めており、1―4月の段ボール古紙消費量は前...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

こんな記事も読まれています

新着記事

記事一覧 »
2018年9月17日 海外動向 » 1295号
2018年9月17日 海外動向 » 1295号

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top