2006年7月31日 古紙ジャーナル記事 699号

【東日紙商】
東京都墨田区に市街地ヤードを開設
杉並、大田区に続く都内で3ヵ所目
振動、騒音など環境対策に万全

厚い外壁で囲まれた墨田支店

七月にオープンした東日紙商㈱の墨田支店(東京都墨田区文花2-4-16)を紹介したい。近年、古紙ヤード(回収基地)は大型化、クローズ化、複合化(総合リサイクル施設)し、かつ郊外型(輸出基地を兼ねた港湾に近い立地が増える)になるなかで、同支店は市街地にできた古紙専用の持ち込みヤード。地価の高い都内だけに敷地面積も270坪と狭い。 しかしながら、振動、騒音、粉塵などの環境対策には万全を期しており、...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top