2006年12月4日 古紙ジャーナル記事 716号

【学校牛乳紙パック】
飛鳥小学校(奈良市)のリサイクル現場を見学
昨年4月から児童による洗浄回収を開始
学校の7割が牛乳容器に紙パックを使用

飲み終わった牛乳パックを各自で洗う

奈良市内にある飛鳥小学校を訪問し、学校給食用紙パックのリサイクル状況を取材させてもらった。近年、学校給食用牛乳の容器がビンから紙パックに変わってきており、全国で給食のある学校の7割が紙パックを利用しているという。この学乳紙パックの回収率が03年50%、04年の65%と大きく伸びてきている。 紙パック全体の回収率が産業損紙を含めて36%、使用済み紙パック(家庭から排出されるもの)だけでみると2...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top