2006年12月11日 古紙ジャーナル記事 717号

【学校牛乳紙パック】
回収した6万5千パックを3~4時間で洗浄
洗浄時の使用水量はわずか20リットル(1時間あたり)
乳業メーカーが洗浄する割合は47.9%

カネミヤの紙パック自働分別洗浄処理機

学校給食の牛乳紙パックを自動分別・洗浄する、紙パック専用分別洗浄処理機を開発販売している㈱カネミヤの本社工場(愛知県半田市八軒町128番地・間瀬隆夫社長)と、この洗浄処理機が稼動している近隣の牛乳メーカーのみどり乳業㈱を見学した。みどり乳業では1年半前にカネミヤ製の分別洗浄処理機を導入して、それまで外部委託していた洗浄処理を自社で行うようになった。 1日6万5,000個の牛乳パックを3~4時...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top