2006年11月27日 古紙ジャーナル記事 715号

【バイオマスボイラー】
製紙業界だけで34基(うち来年以降の稼動予定は17基)にのぼる
木屑の総使用量、年間250万トンを見込む
バイオマス燃料の供給不足は必至か

製紙業界のバイオマスボイラー地図

製紙業界のバイオマスボイラー台数は今年初14基(04年~07年に稼働)と報じたが、その後、大手洋紙各社・各工場の新設計画の発表が相次いだ。01年稼働の2基(いわき大王製紙と東海パルプ)を加えると、稼働予定台数は34基(既稼働17基、稼働予定が17基でうち2基は石炭が主燃料)にのぼる。容量である時間当たりの総発生蒸気量は4,800トン。 石炭を使わず木屑、RPF(固形燃料)、廃タイヤ、PS(ペ...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top