2007年12月10日 古紙ジャーナル記事 766号

【中国の港別古紙輸入量】
深セン、黄埔(いずれも広東省)がトップを競い合う
省別では広東省が707万トンでシェア36%
黄埔は過去3年間で3倍に、今年はトップか

中国の今年の古紙輸入量は2,320万トン前後になる見通し。同数量は日本の国内回収量に匹敵する規模で、国内消費量(約1,900万トン)を400万トン以上も上回る。驚異的な輸入量だが、上海万博が開催される2020年には輸入が3,000万トンに達しているだろう。今回、この中国における過去3年間(04年~06年)の港別の古紙輸入量を調べてみた。 中国には23省あるが、港別では深セン、黄埔(いずれも広...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top