2008年11月3日 古紙ジャーナル記事 810号

【リバース】
ラミネート残渣やスラッジでRPFを生産(全て自社で使用)
オリジナルブランドが好調、将来的には増産も

ゼロエミッション型の最新鋭の設備が稼動しているリバースの工場建屋

2004年から古紙ものトイレットペーパーを製造販売している㈱リバース(大阪府泉南市)を見学させてもらった。一昨年にRPF生産設備を増設したことで、牛乳パックに貼り合わせているポリエチレン部分や、様々なラミネート古紙の残渣をRPF原料にできるようになった。生産したRPFは全て自社のボイラー燃料にしている。 また、学校名を入れたオリジナルエコロールや、牛乳パックリサイクルをPRした牛乳ロールなど...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top