2008年10月27日 古紙ジャーナル記事 809号

【輸出価格】
段ボール急落、円価(問屋手取り)で5円前後の下げ
建値以上で購入していた国内板紙も下げへ
200ドル・20円は段ボールから崩れる

今10月は古紙の輸出相場の転機となった。中国の国慶節明けから米国西海岸で段ボール輸出価格が急落。この影響を受けて日本の段ボールもドル価でトン50ドル前後、円価でキロ5円前後、値下がりしつつある。ドル価とは海上運賃込みのCIF価格、円価とは問屋手取り価格である。 為替がドル安円高で推移していることもあり、現在、主要港に近いヤードからの段ボール輸出手取りですらキロ13円そこそことみられる。輸出価...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top