2009年10月26日 古紙ジャーナル記事 858号

【北越紀州製紙】10月から北越紀州製紙となり相互補完進む
9号紙抄機が稼動するも塗工紙需要が激減

10月から社名変更で北越紀州製紙に

2006年の王子製紙の敵対的TOBのターゲットとして一躍有名になった北越製紙。当時話題になった日本で最大級の塗工紙マシンの「九号抄紙機」が、昨年の秋から新潟工場で稼動している。また、今年10月から紀州製紙と経営統合して北越製紙の社名を北越紀州製紙に変更した。今回は、牛乳パックのリサイクルを推進するパック連と容環協で北越紀州製紙・新潟工場を見学する機会があったので、レポートしたい。 創業102...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top