2011年7月11日 古紙ジャーナル記事 942号

【インド紀行(最終章)】ダラムシャーラーで再生紙工場を見学
環境保護とチベット人の雇用促進が狙い

再生紙のノート等を販売するグリーンショップ(土産物屋)。 この地下が製紙工場だった。

インド紀行・続編の最終回。ダライ・ラマ14世の亡命地、ダラムシャーラーで偶然、古紙から再生紙を抄いている工場を見つける。きっかけはグリーンショップ(再生紙でできた手帳サイズのノートなどを売っている土産物屋)の地下が製紙工場だったことによる。 工場を管理するトゥベン氏によると、この工場は政府のプロジェクトのひとつで、環境保護とチベット人の雇用促進が狙いとか。日本でいえば手漉き和紙の工場程度の小...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top