2005年3月21日 古紙ジャーナル記事 632号

【京都有機質資源】
食品廃棄物を大型プラントで肥料と飼料に
稼働率は4割だが、来春にかけて駆け込み需要
全国の登録再生利用事業者は53件

京都有機質資源の第1工場、食品廃棄物を分別する

本紙625号で古紙問屋㈱二見の食品リサイクルセンターを紹介したが、今回、京都府長岡京市にある京都有機質資源㈱の食品廃棄物の飼料・肥料化大型プラントを見学させてもらった。同プラントは03年6月に稼働しており、まもなく満2年になる。プラントの稼働率は現在、4割程度という。 まだ稼働率が低いのは①京都府にはカンポリサイクルプラザの大型施設もできた②平成18年度までにすべての食品関連事業者が再生利用...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top