【段原紙輸出】
4月までに2倍近い輸出増、中国けん引
製品開発と適正価格で競争力向上が課題

©shutterstock

 日本からの段ボール原紙輸出量が急増している。今年4月までに前年比2倍近い数量が輸出された。特に中国向けの輸出量が増加し、前年度比で6倍近く、輸出量全体の約3割を占めている。またマレーシア、台湾、インドネシア向けも好調で、米中貿易戦争によって発生した中国の代替え需要に加え、新型肺炎による中国の生産停滞が重なって内需が堅調に推移した。日本の製紙メーカー各社ともに、国内の需給調整と海外の原紙需要の取り...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

古紙ヤードマップ申込

Top