2019年4月8日 古紙ジャーナル記事 1323号

【プラントシステム】
段ボールつぶし機を開発
物流センターに拡がるか

プラントシステムが開発した 段ボールつぶし機

 先号のコラムでも触れたが、㈱プラントシステムの段ボールつぶし機を改めて紹介したい。物流センター等で大量に排出される箱型の段ボール古紙を、この機械に入れると大きさや形を選ばず連続圧縮することができる。機械的な特徴としては、①横方向から圧縮というよりは折り畳みに近く、プレスした後の戻りが少ない、②分速13メートルの速度でローラーが進行して最後に8トンの圧力が加わる、③振動・騒音・電力を抑え、紙粉が出...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top