【段ボール古紙 輸出市況】
20円台に乗せ、国内価格上回る
中国禁輸後も東南アジア向け急騰

shutterstock©️

 段ボール古紙の輸出市況が一段と強含んできた。東南アジア向けでキロ19~20円をつけ、ついに国内基準価格の18円を上回ってきた。輸出価格が国内基準価格を超えるのは、18年12月以来2年3カ月ぶりのこと。ドル価でも280~290ドルと300ドル超えを目指す展開となっている。中国が21年初頭から古紙の完全輸入禁止に動き、大方の予想はダブつくとの見方だったが、需給が逼迫し、市況も急騰する状況となっている...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

古紙ヤードマップ申込

Top