【印刷用紙】設備削減・輸入減・特需などで需給逼迫
グリーン購入法の印刷用紙調達は柔軟に

 5月1日に元号が平成から令和に変わる。官公庁・自治体などを中心に各種申請用紙を記載変更する必要が生じ、印刷情報用紙は特需が見込めそうだ。しかし2月半ば以降、印刷情報用紙は需給が急激に逼迫し、流通在庫はかつてないほどの低水準にある。グリーン購入法に基づき再生紙を調達していた自治体では、入札が不調に終わるケースも相次いだという。  これを受けて環境省は3月22日、特定調達品以外からの調達を認める通...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top