2013年9月23日 古紙ジャーナル記事 1050号

新規ヤード開設が年間10カ所前後まで減少
過剰設備と発生減でヤードラッシュ終焉か

今年中に新設予定のヤードを調査したところ、全国で10カ所のヤードが新たにオープンする。計画はあるが、手続き等の理由で遅れているヤードも複数ある。新設ヤード数は年々減る傾向にあり、この2年間は10カ所前後まで減少。ヤードの飽和感が強く、古紙の発生が減ってきた中で、ヤード展開に慎重さが現れてきた。既存ヤードのスクラップ&ビルドや基盤の強化などが新ヤードの特徴となっている。7月末に開設した前原紙業(本社...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top