コラム【虎視】1074号

コラム「虎視」

2014年3月17日 1074号


▼「古紙が余るということは夢にも思ったことがない。」これはある自治体の古紙に携わる担当者が言ったセリフだそうだ。確かに現在の中国は国内回収が伸びているとはいえ半分以上を輸入に頼っている状況なので、古紙が余るということは夢 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【古紙畑】
2014愛知環境賞・優秀賞に選出され受賞
土地の有効利用を促進、51ヵ所に展開

2014年3月10日 1073号


2005年の愛知万博の開催を機に始まった愛知環境賞は、環境先進都市である愛知県を代表する名誉ある賞として認知されているが、今年の優秀賞に㈱古紙畑(本社・愛知県春日井市、河合正仁代表取締役)が選出され受賞した。古紙畑は河村 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム【虎視】1073号

コラム「虎視」

2014年3月10日 1073号


▼容リ法改正に向けた見直し作業が進められている。容器包装の一つである紙製容器は、自治体による分別収集の実施率が30%台と低迷。家庭から排出される紙製容器は約80万トンで、容リルートで集まるのは2万5千トン程度。むしろ自治 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【家庭ごみ有料化】
千葉市が2月から開始、政令市で9番目
古紙の回収量は2~3割増加の可能性も

2014年3月3日 1072号


全国の約6割の自治体が家庭ごみの有料化を実施しているが、古紙の掘り起しにも大きく貢献する。ごみ排出量に応じて袋代として費用が徴収されるため、古紙など資源の分別排出がより徹底されるからだ。人口規模の大きな自治体での導入は少 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙回収量

コラム【虎視】1072号

コラム「虎視」

2014年3月3日 1072号


▼古紙回収量は頭打ち、回収ルートもこの数年で多様化してきた。昨年の回収率は80%の大台に乗せてきた。堅く絞った雑巾のように新たに絞り出す余地は乏しい。ところで、地方自治体が各地で実施するごみ組成分析の結果をみると、2~3 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

古紙業者(兼業・回収業者等含む)250社の売上を掲載
大本紙料がヤード数・扱い量・売上トップ

2014年2月24日 1071号


全国の古紙問屋の扱い量及び売上・利益を調査した。売上・利益は東京商工リサーチの調査によるもの。本紙は2006年まで毎年、週刊ダイヤモンドの別冊「法人申告所得ランキング」から古紙問屋をピックアップして、古紙問屋の申告所得ラ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙回収量

コラム【虎視】1071号

コラム「虎視」

2014年2月24日 1071号


▼本紙の調査によると、全国に古紙問屋は約1,000社・1,850ヤードがある。リーマンショックや東日本大震災の影響でヤードラッシュは一旦収束したが、ここにきて再び新ヤードの開設ラッシュを迎えている。 ▼今回の新ヤード開設 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【段原紙】
新マシン稼働で最大2万5千トンの消費増
関東が供給源、他地域の生産も一部振替

2014年2月17日 1070号


今年夏以降から年末にかけて、2台の新たな段原紙マシンが稼働する。いわき大王製紙(福島県いわき市)で月産能力1万2千トンの段原紙マシンを新設し、レンゴーグループの丸三製紙(福島県南相馬市)でライナーマシンをスクラップ&ビル […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top