【古紙の新用途を探る③】
セルロースファイバーが断熱材や外壁に
デコスが年産3,500tの新工場を稼働

2013年11月25日 1059号


新聞古紙を原料にしたセルロースファイバーが断熱材や外壁にも利用されている。年間生産量は1万2,000トンほどであるが、アベノミクス効果と消費税値上げ前の駆け込みによる住宅需要の伸びが追い風となっている。古紙由来の断熱材は […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム【虎視】1058号

コラム「虎視」

2013年11月18日 1058号


▼韓国の国内の古紙価格を教えてほしいとの要望があったので、関係筋に問い合わせてみた。現在の韓国の平均古紙価格は、OCCが160ウォン(キロ14.9円)、ONPが180ウォン(16.8円)、MIXが150ウォン(14円)ほ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【古布価格】
2000年以降は40~50円台を行き来
1ヤード当りの回収量は月間約75トン

2013年11月18日 1058号


財務省の貿易統計で古布の輸出価格(FOB価格=海上運賃を含まない価格)を調べた。中古衣料の輸出価格は2001年からはほぼ横ばいで推移しており、古布の価格が高騰していると言われている昨今だが、ここ10年間はそれほど変化がな […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム【虎視】1057号

コラム「虎視」

2013年11月11日 1057号


▼スマホの爆発的な普及で、情報媒体として紙がもつ「手軽さ」まで圧されつつある。アベノミクスによる景気回復の途上にあっても、国内の紙・板紙需要が劇的に回復するというわけにはいかない。ところで2020年の東京オリンピック開催 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【中古衣料】
日本はマレーシアと韓国向が大半を占める
韓国と中国は東南アジアとアフリカへ輸出

2013年11月11日 1057号


最近特に注目が集まっている古布。仕入れ競争の激化によってスポット価格だけが独り歩きしている状況だが、本紙では古布特集シリーズとして様々な角度から古布業界の全体像に迫りたい。今回は中古衣料の海外流通ルートの解明、次号以降で […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム【虎視】1056号

コラム「虎視」

2013年11月4日 1056号


▼繊維リサイクル業の歴史は古い。中古衣料はリユースとしての再利用が江戸時代から普及し、また洋紙生産が始まった当初はボロを製紙原料として使用していた。近代化が進むにつれ、工業用や軍事用にウエスの需要が伸び、反毛は布団や内装 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【輸出価格】
雑誌も200ドル台に上昇、円価は17円台
新聞・雑誌の内外格差は5円以上の開きに

2013年11月4日 1056号


輸出価格が一段と上昇してきた。11月積みの関東商組の輸出価格は、雑誌が今年4月以来となる200ドル台に復帰し、3品ともに200ドル台に。国慶節以降は特に雑誌の騰勢が顕著で、3週間で20ドルほど上昇している。新聞・雑誌の内 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙輸出価格

コラム【虎視】1055号

コラム「虎視」

2013年10月28日 1055号


アジア諸国で当たり前の風景、それは朝夕の大渋滞とバイクの多さ。マレーシアでもそんな当たり前の風景を目の当たりにしたが、しかし何かが違う。他のアジア諸国ではクラクションが鳴り響き、我が先にという運転が常態化しているが、マレ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top