トップページ > 古紙ジャーナル バックナンバー

古紙ジャーナル バックナンバーの記事一覧

【米国の古紙需給】
古紙輸出量は2千万㌧前後で横ばい
中国系の大手三社で3割の輸出シェア

2017年3月6日 1220号


 古紙価格が歴史的な高値圏に突入している。日本のOCC(段ボール)とMIX(雑誌古紙)の輸出価格は、リーマン・ショック前の水準を超え、過去最高値を更新した。米国のOCCも三〇〇ドル台が目前となっている。古紙の需給動向にお […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【古紙輸出市況】
米OCC、300ドル台目前
日本品も過去最高値を更新

2017年3月6日 1220号


 国際マーケットの指標となっている米国のOCC(段ボール古紙)の輸出価格が二九五ドル(CIF、トンあたり)で成約したと伝わり、三〇〇ドルを目指す展開となっている。昨年十一月より急騰しはじめた古紙の国際市況の勢いは衰えをし […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙輸出価格

【中国】
インフレ状況下、古紙輸入価格は更に上昇
各社増設ラッシュを控えコスト上昇を懸念

2017年2月27日 1219号


 中国では春節後、古紙輸入価格が一段と上昇している。既に日本からの古紙輸出価格は、三品ともキロ二十円台に乗せており、リーマンショック前のいわゆる資源バブル期に迫る価格帯となっている。一般的には、短期的に原料価格がこれほど […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙輸出価格

【古紙輸出】
需給ギャップ縮小で四年連続の前年割れ
段原紙輸出は過去最多で原料不足に拍車も

2017年2月20日 1218号


 古紙の輸出価格が高騰しているのを後目に、古紙の輸出量は減り続けている。昨年実績も四年連続の減少となった。一方で、段原紙の製品として輸出される量は、年々増加傾向にあるため、古紙需給の逼迫感に拍車がかかっている。稼働益や在 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【古紙業界におけるM&A】
今後、生き残りかけた再編・集約が加速か!?
JPによる福田三商の子会社化で

2017年2月13日 1617号


 自主独立の経営に支えられた古紙業界では、ほとんど再編・集約が進んでこなかった。回収量や回収率が右肩上がりの時代が長く、共存共栄を享受できたことや、先祖代々築き上げたファミリー企業を他者に委ねることの抵抗感も強かったため […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【日本紙パルプ商事】
大手問屋・福田三商の買収(約三十七億円)を発表
古紙取扱量は年間百七十万㌧前後に増加

2017年2月6日 1216号


 日本紙パルプ商事(以下JP)は一月二十七日、大手古紙問屋の福田三商の買収を発表した。JPが割り当てる株式数と株価から推定すると、買収額は約三十七億円となり、これまでの古紙問屋におけるM&Aでは最大規模となる。株式交換に […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【中国 古紙輸入】
品種はONP(新聞古紙)、主要国では日本が減少
三月と十二月に増加、二月と十月は減少

2017年1月30日 1215号


 二〇〇七年以降の中国の古紙輸入量を品種別、主要国別、月別に分析し、中国の古紙需給の現状や以前との変化を探る。最初に製紙・古紙の〇七年と一五年の対比、次いで月ごとの輸入量の変化や傾向について報告する。品種別ではONP(新 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【今年の古紙市況の行方を考える】
関東商組の段ボール輸出手取りが最高値更新
原料コスト上昇で、建値改定や再編の可能性は?!

2017年1月23日 1214号


 今年は段ボール古紙の輸出価格が三十円に達する?!二〇一七年のトンデモ予測の一つとして挙げてみたい。昨年末より中国の調達価格が急騰しており、今年一月の日本からの段ボール輸出手取り価格は過去最高を更新した。保守的にみても、 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙国内価格 古紙輸出価格

【IWS (旧福和集団)】
製紙業から撤退、古紙の扱い量も大幅に減少
利益率の高い機密処理・廃棄物処理にシフト

2017年1月16日 1213号


 昨年十月、国際紙パルプ商事のアテンドによってCFC(中部ファイバーズクラブ)と訪問した中国・香港編の第三弾は、香港のIWS(インテグレーテッド・ウェイスト・ソリューションズ)の取材レポート。本紙では二〇一五年四月に同社 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【㈱九十九紙源センター 椋野顯成 取締役会長インタビュー】
波瀾万丈の幼少期、四十八歳で古紙回収業に
二度の鬱病を乗り越え、社業の発展に尽くす

2017年1月9日 1212号


 長崎県佐世保市に本社を置く㈱九十九紙源センター。現在古紙ヤードを七ヵ所、古紙関連会社の拠点を七ヵ所、古布関連の営業所を九ヵ所、計二十三ヵ所の営業所・拠点を構えている。この九十九紙源センターの礎を築いて発展させたのが、同 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top