【福田三商】
齋藤会長に聞く「余剰・逆有償・品質と問屋像」
S&Bの名南事業所を見学、安全パッカーを開発

名南事業所の敷地面積は 7300平米

 中国の環境規制から端を発し、日本では約20年ぶりとなる古紙余剰時代を迎えている。輸出価格は一桁価格に低迷し、国内製紙メーカーの納入量も制限される等、全国的に古紙問屋は厳しい状況が続いている。このような状況下で、福田三商㈱・齋藤会長に様々な話を伺った。以前の古紙余剰時代との取り組みや違い、逆有償回収についてや問屋としての姿勢等。また同社の基幹ヤードとも言える名南事業所が大幅なリニューアルを終えたの...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

古紙ヤードマップ申込

Top