2016年6月20日 古紙ジャーナル記事 1185号

【日本紙パルプ商事】
内外で古紙扱い、インドでヤード展開模索
発電事業では五カ所の発電施設を新規稼働

JPの米国古紙事業

 日本紙パルプ商事㈱(以下、JP)は今年四月、古紙事業本部と資源・環境事業本部を統合して、環境・原燃料事業本部と改め、印刷情報用紙部門に長年携わってきた城谷誠氏が本部長に就いた。古紙・パルプ・環境系の三つの事業を統括する同本部は、環境関連分野へ積極展開を進め、紙市場が先細りの中で存在感を高めつつある。JPの二〇一五年度の古紙扱い量は百四十五万トンで、内訳は国内販売八十五万トン、輸出三十三万トン、海...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

古紙ヤードマップ申込

Top