2013年7月15日 古紙価格 »  1041号

【輸出価格】新聞・段ボールの円価、2年ぶりの高値
為替の円安定着すれば20円相場も視野

段ボールや新聞の輸出円価(問屋手取り)が7月入りとともにキロ18円台(高値には19円も)に乗せてきた。18円台の輸出円価はリーマンショック後では2011年以来、およそ2年ぶり。内外格差が4~5円まで開いてきたため、国内製紙の多くがプレミアム(割り増し)価格を出して対応するようになっている。しかし、製紙の受注量を完納できる問屋が少ないもよう。大手問屋でも回収量を減らしているところが少なくないからだ。...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

こんな記事も読まれています

新着記事

記事一覧 »
2019年2月11日 古紙需給 » 1315号
2019年2月11日 古紙需給 » 1315号

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top