2017年5月29日 関連業界 » 1231号

【古布】
マレーシアの大手業者
在庫減で輸出価格も復調

古布の輸出価格と輸出量の推移

 2015年半ばより急落していた古布価格が底を打ち、回復基調にある。マレーシアの大手買付業者のホンスーンハンのナイ氏によると、5月中旬の込みボロの輸出価格(問屋店頭、CIF価格、キロあたり)は東京で28ー32円、大阪で25ー28円、その他の都市で10ー12円。前年同期に比べて東京で5〜9円、大阪で5〜8円上昇している。  同社は、マレーシアに古布の大型選別工場を備え、日本の古布業者や古紙問屋が主...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top