2008年10月6日 古紙ジャーナル記事 806号

【古紙回収量】
1993年以来、15年ぶりにマイナス成長も
需給ギャップは昨年に続き縮小傾向鮮明に
00年~07年の年平均回収増は62万トン

今1ー7月累計の古紙回収量がわずかながら前年同期を下回った。年間で仮にマイナス成長に陥ると1993年以来、15年ぶりだ。2000年代に入り順調に古紙の回収量が伸びてきたが、①景気の後退による紙・板紙の国内出荷の低迷②中国などからの入超の段ボール箱(年間で140万トン前後発生。これが国内で段ボール古紙として回収されており、回収増の要因のひとつだった)の減少③紙とくに塗工紙の輸出の増大(輸出された紙は...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

古紙ヤードマップ申込

Top