2019年8月12日 海外動向 »  1340号

【中国の2020年問題】
時限表記の削除で、先送り観測も

 中国国務院が7月上旬に発表した「固形廃棄物規制法」の改正案で、「2020年末をもって」という文言が削除された。古紙を含む全ての固形廃棄物を輸入禁止にする方針は変わらないが、従来から強調してきた時限的な表記が消えたことから、全面禁止が先送りになるのではとの見方も浮上している。ただ、現時点では先送りとなる根拠が見当たらず、判断は難しい。...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top