【古紙・廃プラ 輸出動向】
東南アジアの港湾混雑が深刻化
ベトナム南部の港で6月から荷受停止へ

5月初旬のカトライ港(読者提供)

 中国が再生資源の輸入に関する規制を強化したことで、東南アジア諸国がしわ寄せを受けている。先進国を中心とした輸出国が中国からベトナム、タイ、マレーシアなどの東南アジアに輸出先を振り替えたことで、大量の荷が殺到。港の荷受能力オーバーやコンテナの滞留、ごみ混じりの低品質品の流入といった問題が生じている。ベトナム南部の1部の港では、滞留したコンテナ貨物の調整のため、6月より4カ月間、廃プラと古紙の荷受け...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

こんな記事も読まれています

新着記事

記事一覧 »
2018年12月10日 古紙問屋 » 1307号
2018年12月10日 古紙需給 » 1307号
2018年12月10日 古紙価格 »  1307号

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top