2017年10月2日 古紙需給 »  1248号

【ふれあい収集】
分別排出が困難な高齢者に支援の動き広がる
横浜市では6000世帯超を対象に戸別収集実施

高齢者のごみ出しに関する認識

 本格的な高齢化社会の到来は、古紙回収の形も変えるだろうか。日本の高齢化率(年齢が65歳以上の人口比率)は26%に達し、 『超高齢化社会』に突入したといわれる。2035年には33.4%に上ると予想され、3人に1人が高齢者になることが見込まれている。ごみ出しや分別排出が困難な高齢者が増えれば、ごみ屋敷化、集団回収の存続危機、資源の回収率低下など多くの課題が浮上する。すでに2割の自治体で「ふれあい収集...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top