2017年2月20日 古紙需給 »  1218号

【古紙輸出】
需給ギャップ縮小で4年連続の前年割れ
段原紙輸出は過去最多で原料不足に拍車も

古紙と段原紙の輸出推移

 古紙の輸出価格が高騰しているのを後目に、古紙の輸出量は減り続けている。昨年実績も4年連続の減少となった。一方で、段原紙の製品として輸出される量は、年々増加傾向にあるため、古紙需給の逼迫感に拍車がかかっている。稼働益や在庫水準を維持するといった製紙側の事情もあり、原料問題のジレンマに陥っている。 2021年以降、回収量は2000万トン割れ  昨年の日本からの古紙輸出量は414万トンと、4年連続...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top