【国内の段原紙市況】
段原紙の価格交渉が大詰め、大口支給先と妥協点探る

集中購買の仕組み

 国内の段ボール原紙価格の交渉が大詰めを迎えている。主な原料である段ボール古紙の価格は、建値18円で据え置かれている。古紙リサイクルシステムを維持するとともに、製品価格を維持する狙いもあるからだ。だが、仮に原紙市況が崩れた場合には、製紙メーカーによる古紙の建値修正も視野に入ってくるだろう。現行の古紙価格は、段原紙の製品市況があってこそ成り立っているわけだ。  まず段ボール原紙の需給面から、分析し...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

古紙ヤードマップ申込

Top