2019年6月24日 古紙需給 1333号

【関東商組】
輸出商社に定期契約募る
見積事業の中止も視野に

 関東商組(大久保信隆理事長)は、市況低迷と需給軟化を受けて、輸出見積り事業の中止を視野に入れている。また余剰解消に向けた定期契約販売の取り組みを検討しており、各商社に呼び掛けている。販売価格の上限・下限設定はしていない。本紙の調査では、複数のメーカー系商社が参加の意向を示している。...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top