2019年5月20日 古紙需給 » 1328号

【丸三製紙】
原質設備の改造で8号機の生産能力増強
LNGボイラー付替で電力自給率も向上

8号抄紙機の概要

 レンゴーグループの丸三製紙(三田計代表取締役、福島県南相馬市原町区青葉町1ー12ー1)は、4月に8号機の原質設備のスクリーンなどを改良する工事を完了させた。これに伴って、同工場における生産能力が月間4,000トン上昇し、年間で5万トンほどの増産を見込む。2014年に増設した8号機は、日産の最大生産量を500トンとしていたが、生産能力が27%上昇する。マシン自体には改良を加えておらず、原質設備の改...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top