2018年8月27日 古紙需給 » 1292号

【コアレックス 信栄】
自治体と提携、雑がみ・難再生古紙の受け皿に
最新鋭の工場で原料コスト削減、価格面が課題

コアレックス信栄の 本社工場外観

 去る6月下旬、コアレックス信栄㈱(静岡県富士市中之郷575ー1、黒﨑暁・代表取締役社長)の本社工場において、消費者や消費者団体、一般市民、NPO法人などを招き、家庭紙に関する意見交換会を行った。同工場は古紙ものトイレットペーパー(以下TP)を月間3,600トン、古紙ものティッシュ(TS)を月間900トン生産している。同工場では日量200トン~220トンの古紙を使用。使用している主な品種は、左表の...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top