【西日本の豪雨被害】
物流網寸断で
古紙入荷半減の工場も

中国四国地区の古紙消費内訳

 西日本の豪雨被害を受けた地域にある製紙メーカーは順次、生産を再開している。特に岡山県、広島県、愛媛県で甚大な被害があったが、王子マテリアの呉工場が工業用水の断水で一時的に稼働停止を余儀なくされた他、日本製紙の大竹工場や大王製紙の三島工場などは通常稼働している。古紙問屋のヤードで浸水被害を受けたとの情報はないが、古紙の発生が急減しているもよう。明和製紙原料(岡山)や本田春荘商店(広島)では、スーパ...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

こんな記事も読まれています

新着記事

記事一覧 »
2018年8月6日 古紙問屋 » 1290号
2018年8月6日 古紙問屋 » 1290号
2018年8月6日 古紙需給 » 1290号

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top