2016年6月13日 古紙ジャーナル記事 1184号

【雑誌・書籍 販売】
二十年で四十八億冊から二十一億冊に
雑誌が六二%減少、書籍は二九%減

書籍・雑誌の販売推移

 紙離れ、活字離れと言われて久しい。新聞の発行部数はピークの一九九七年から一八%減、書籍の販売部数は九五年のピーク比で二九%減となっている。これらに比べて突出して減少しているのが雑誌で、同じく九五年のピークに比べて六二%の減少となっている。 雑誌は昨年二桁減  二〇一五年の雑誌の販売部数は、前年比一〇・五%減の約十四億八千万冊。単年で二桁の減少は初めて。雑誌の内訳は、月刊誌が八・七%減の十億五...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top