2006年1月30日 古紙ジャーナル記事 674号

王子製紙・富岡工場、DIP増強決定
来年にかけて3社4基(日産1,200トン)稼働
新聞・雑誌、月5万トンの消費増
中国でも新聞用紙マシンが増強へ

王子製紙は富岡工場(徳島県阿南市豊益町吉田1)に日産200トンのDIP(脱墨古紙パルプ)設備の増強を決めた。夏場から古紙を購入し、試運転は10月の予定。歩留まりを考慮すると、フル操業した場合の古紙使用量は月間8,000トン前後になる。使用古紙は新聞主体に雑誌も。 大王製紙・三島工場も日産800トン(2基合計)のDIP設備の増強を決定しているので、今年から来年にかけて立ち上がるDIP設備能力は...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top