2006年8月21日 古紙ジャーナル記事 701号

【上期輸出】
段ボール、1.2%増(1万トン増)にとどまる
雑誌と「その他」輸出は二桁成長が続く

日本の古紙需給ギャップと輸出量推移

今年上半期(1-6月)の古紙輸出量は前年比108・3%の192万トンになった。昨年間は30.6%増だったので大幅な鈍化。下期も新聞などの国内消費が好調なので、輸出は抑制され、年間の輸出量は400万トンそこそこにとどまりそうだ。 輸出5品目の中でもっとも伸び悩んだのが新聞でなく意外にも段ボール。上期の段ボール輸出は1.2%増にとどまった(ちなみに新聞は4.1%増)。輸出が低迷したのはなぜか。①...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top