2007年1月29日 古紙ジャーナル記事 723号

【家庭紙向け模造・ケント】
静岡到着値ベースで20円(問屋店頭18円)に回復へ
96年夏場以来、11年ぶりの20円台乗せ
国内消費の拡大と輸出増で需給がひっ迫

関東地区の家庭紙向け古紙価格が昨秋に続き2円値上がりし、模造・ケントで19円~20円、色上で16円(静岡の工場着値ベース、中心値)になった。まだ天井感はなく関係筋によると全体が20円台(模造、ケント)に乗せるのは必死という。過去の市況を振り返ると、前者が20円台だったのは1996年夏場まで遡る。従って20円台に回復したのは11年ぶり。 背景には①輸出価格における雑誌の急騰②洋紙・板紙メーカー...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top