2008年2月18日 古紙ジャーナル記事 775号

【三建マテリアル】
国内で禁忌品の廃紙をリサイクル
古紙と廃紙の垣根はなくなる!?
ライセンス持ち、台湾などへ輸出
サーマルではなくマテリアルを推進

禁忌品として焼却処分されている難再生古紙(廃紙)をもっぱらリサイクルしている業者がいる。リサイクル原料商社、㈱三建マテリアル(本社・名古屋市南区寺部通1-3-1)だ。同社のキーワードは廃紙を①サーマルではなくマテリアルリサイクル②古紙問屋が処理に困っているのをリサイクル③一廃や産廃の処分費より安くリサイクル。 同社はこれらの廃紙を集めて台湾や中国などに輸出しているが、そのライセンスを持つ(台...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top