2008年12月1日 古紙ジャーナル記事 814号

【紙・板紙 日本の生産】
紙の10月生産(91.7%)、単月で最大の落ち込み
過去18年間、紙の生産増が全体をけん引

輸出価格の大暴落に加えて、紙・板紙の製紙原料である古紙にとってまたひとつ不安材料(生産減にともなう国内の古紙消費減)が増えた。日本製紙連合会調べによる紙・板紙の10月生産が前年同月比93.4%と、大幅なマイナス成長になったことだ。なかでも紙は91.7%と単月としては過去最大の落ち込み。板紙以上に紙の需要減が深刻になっている。 単月としての過去の紙・板紙生産をみると、これだけのマイナス成長は1...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

Top