2009年3月9日 古紙ジャーナル記事 827号

【エコポート九州】
熊本港に大型リサイクル工場(廃プラ・RPF・木くず・機密文書)を建設
JPと石坂グループが共同出資、来年4月稼動

調印式を終えて握手をする(右から)熊本市長の幸山氏、熊本県知事の蒲島氏、㈱エコポート九州取締役会長の平戸氏、㈱エコポート九州代表取締役社長の石坂氏

平成21年2月25日、熊本県庁の知事応接室で、株式会社エコポート九州の立地協定調印式が行われた。エコポート九州とは、日本紙パルプ商事㈱が70%、有価物回収協業組合石坂グループが30%出資の熊本港における総合リサイクル事業。 調印式は、熊本県知事・蒲島郁夫、熊本市長・幸山政史、エコポート九州の代表取締役社長である石坂孝光の三者間で行われ、多数の関係者が出席した。経済不況や雇用不安という暗い話題...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top