2009年4月6日 古紙ジャーナル記事 831号

【アメリカ西海岸】
主要3品、昨年11月の暴落後、100ドル(FAS価格・ショートトン)以下に
欧州品のフレート(海上運賃)の上昇で段ボールが後半に反発
オフィスパック、昨春の輸出価格(問屋手取り)30円に

3月中旬、ロスアンゼルスにでかけた。現地の古紙問屋の状況を生の声で聞きたかったため。米国西海岸の主要5品目(以下に表示)の古紙輸出価格は昨11月の暴落を底に12月からじり高に転じている。ただ段ボールだけは3月に入って弱含んでいたが、欧州品のフレートの値上がり予想を契機に後半には反発してきた。欧州品が値上がりしてきたのは、欧州から中国向けの海上運賃(フレート)が一コンテナ当たり200ドル、トンにして...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top