2009年9月21日 古紙ジャーナル記事 853号

【三弘紙業】栃木県佐野市に11番目のヤードを開設
省コスト化による運営、備蓄機能も強化
新ヤードの開設は12年ぶり

1300坪の敷地、工場建物と裏手には備蓄用スペースを設ける

三弘紙業㈱(東京都文京区本郷1-30-17、上田晴健代表取締役社長)の11番目のヤードとなる、みかもリサイクルセンター(栃木県佐野市田島町236-1)を見学した。約1,300坪の敷地に250坪の工場を竣工し、8月末にオープンした。郊外型ヤードで栃木県への進出は初めて。 同社のこれまでのヤードは都心部に集中していた。新ヤードでは、将来的な備蓄能力を拡充する狙いや、人件費などのコストを最小限に抑...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top