2009年9月28日 古紙ジャーナル記事 854号

【中国の港別古紙輸入】
深センがトップだが品種によってバラツキも
大手2社の工場が稼動した重慶の輸入が急増

これだけ情報化が進んだ現在だが、製紙業界においてはなかなか中国の顔が見えてこない。今月は様々な場所で講演をする機会があったが、講演に来ている古紙問屋の関心事は圧倒的に中国に関することだった。 日本の古紙輸出の八割以上を占めているので当然だが、昨年のような大暴落や暴落以後も輸入量が減っていないこと、情報量が少ないこと、中国の製紙メーカーの顔が見えないこと等、不安要素が多いことも起因となっている...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top