2009年11月16日 古紙ジャーナル記事 861号

【はまだ】阪南リサイクルセンター(尾崎製紙の構内)がオープンへ
機密書類をローコスト回収、パルパーで溶解

尾崎製紙はルーフィング原紙を主に生産

はまだ(本社・和歌山県紀の川市、濱田義仁代表取締役)は11月13日に阪南リサイクルセンター(大阪府阪南市尾崎町5-42-5、尾崎製紙構内)をオープンさせた。はまだは既報のように、6月に本社ヤードをスクラップ&ビルド、12月に大阪府岸和田市に岸和田営業所をオープンさせるが、さらにもう1ヵ所、新たなヤードが加わった。 尾崎製紙と業務提携 はまだ・阪南リサイクルセンターは尾崎製紙と業務提携を行い...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top