2010年7月26日 古紙ジャーナル記事 895号

【中国の為替政策】人民元の切り上げは中国の製紙にプラス
1%の元高で100億円の原料コスト削減に

人民元と円の対ドル相場の推移

6月下旬、中国政府は対ドルの人民元の為替相場の弾力化を認める声明を発表。その後、緩やかなペースで元高が進み、1カ月で約0.8%上昇した。中国政府が元の切り上げに動いたのは、金融危機前の08年7月頃から約2年ぶり。中国の製紙にとっては古紙やパルプといった原料を大量に輸入しているので、元の切り上げはプラスに働く。中国の購買パワーが増せば、古紙の輸入が頭打ちとなる2015問題も先送りになるか!? ...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top