2010年8月2日 古紙ジャーナル記事 896号

【家庭系古紙】集団回収、分別収集は2006年がピーク
民間回収が活性化し、回収が多様化

関東地区での家庭系古紙の回収は①集団回収②分別収集(行政回収とも呼ばれる)③新聞販売店回収が中心だったが、近年、関東以外の他地区では④家庭にチラシを撒き、特定日に回収業者が集める(ただ新聞販売店と提携していない)⑤流しのちり紙交換(交換はポリ袋だが)が復活⑥問屋が無人基地を展開し、持ち込み(家庭だけでなく商店からも)を促進⑦問屋やスーパーの店頭でのポイント制による回収など、民間回収が活発化してきて...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top