2011年6月6日 古紙ジャーナル記事 937号

【古紙の輸出比率】中国依存型から他国分散へ流れ変わるか!?
アジア各国の増設計画で日本品の調達増も

主要古紙輸出国の輸出先の内訳

日本の古紙輸出先は約8割が中国に一極集中する『中国依存型』だ。ところが、福島第一原発事故の影響で、中国は古紙の輸出に際して放射性物質の検査を強化し、中国向けの輸出は一時的に停滞。4月の中国向け輸出は対前年比で25.3%減となった。一方でタイやベトナムなど他国に振り向けるケースが増えた。今後のアジアの新興国における投資計画では、日本の製紙メーカーが出資するケースも相次ぎ、古紙の新たな供給先としても注...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top