2020年9月14日 古紙ジャーナル記事 » 1393号

【上半期の段ボール消費】
消毒液等の薬品、マスク、家庭紙が牽引

©shutterstock

 今年上半期の段ボール(※この項では全て製品としての段ボールを指す)の部門別消費をまとめた。上半期の段ボールの需給は、生産が1.2%減、消費が0.3%減、出荷が4.3%減、在庫が12.2%増。昨年同期に比べて出荷が減少して在庫が増加している。  部門別消費では明暗が分かれた。昨年対比で最も伸びたのが薬品・洗剤・化粧品への用途で、消費量は3.2億㎡、対前年比5.4%増となった。消毒用のアルコールや...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

古紙ヤードマップ申込

Top