2011年10月3日 古紙ジャーナル記事 953号

【2020年の需給ギャップ】2000~2010年と同じなら800万トン程に拡大
物差しは消費量と回収量の伸び率のポイント差

過去11年(2000年と2010年の対比)に古紙の回収は1,833万トン→2,172万トン(118.5%)と増えたのに対し、消費は1,792万トン→1,729万トン(96.5%)と減ってしまった。このため回収量から消費量を差し引いた需給ギャップは、2000年がわずか41万トンだったが、2010年は442万トンにも拡大した。また回収と消費の伸び率の差は118・5%から96・5%を引くと=22%。実に...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

Top