2011年12月12日 古紙ジャーナル記事 963号

【大本紙料】9月に食品リサイクル工場のオフレックを開設
食品廃棄物の発生量は年間約2,300万トンに

大本紙料の食品リサイクル工場であるオフレックの外観

大本紙料㈱(本社・兵庫県神戸市、大本知昭代表取締役)の食品リサイクル工場であるオフレックを見学した。かねてより廃棄物の一元管理に注力する同社は、スーパーのニーズが増えている食品リサイクル工場の建設を目指してきた。年々、食品リサイクル事業への参入業者は増えており、古紙との兼業は14社となっている。 食品廃棄物の発生量は約2,300万トン 農水省によると、平成21年度の食品廃棄物の発生量は2,...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top