2007年10月8日 古紙ジャーナル記事 757号

【関東商組・中部商組の組合輸出】
手取り、ドルベースとも10月は過去最高値
開く内外格差に国内製紙はプレミアム対応

中部商組、関東商組とも10月の輸出価格は組合輸出が始まって以来、過去最高値(問屋手取り、CIF価格とも)となった。既報のように輸出価格の最高値は1995年だが、当時の日本はほとんど古紙を輸出していなかった(年間わずか4万トン)ので、本格的な輸出が始まって以来の最高値ともいえよう。 今年の年初に比べても問屋手取りで新聞3円、段ボール6円、雑誌5円の値上がり。段ボールの値上がり幅がもっとも大きい...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top